omouyue

思う故

思う故「彼は元気にしているだろうか」とふと思いを彼に傾けました。
そして同時に、頭を横に振ってその気持ちを追い出したいと感じていました。

彼との関係は2ヶ月ほど前に終わっていました。
私は出来ることならば、続けて行きたいし、前向きな努力だってしたいと思って居たのですが
どうやらそう思っているのは私1人だったようでした。

「もう俺達は会わないほうが互いのためだ」と彼は言いました。
その気持ちも分かるように思いました。
何処かでお互いに依存している部分がありましたので、
彼がその依存心を断ち切ってお互いの道を進もうとしているのだというのも理解できました。

しかし、依存心だけを取り除くことは出来なかったのだろうか?
と私は考えてばかりいました。
何をしていても彼のことを思い出すようになってもう2ヶ月。
その度に、「まだ彼に恋愛感情を残しているんだな」と思っていました。
届かない思いを抱いたり届かない心配をしてみたり。

暫くは苦しい日々が続きました。
そんな私ですが、自分の道をハッキリ定めて取りあえずシッカリとした生活をしていかなくてはと思い改めるようになってから、日々の生活にもメリハリが出てきて彼のことを思い出すことも少なくなっていきました。

ページ上部に